読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスボド

東京都大田区と愛知県名古屋市で開催しているゲーム会の公式ブログです

第3回「ミスボド名古屋」レポート

 ミスボドおしまいだよ♪

概要

日時:2014年5月18日(日)9:00~16:00
場所:昭和生涯学習センター 第1和室
会費:300円

参加者(敬称略)

  1. まる
  2. アリタ
  3. らっこ @umikawauso
  4. ソルトP
  5. tetu
  6. ろじゃー
  7. ACE
  8. FT
  9. 大笑
  10. ジンロウ
  11. ルイナ
  12. なべ
  13. ねくろん
  14. 山田
  15. 乾 @inuiazuma
  16. 角僧兵 @sumiD4C
  17. あずま @t_azuma1989
  18. 温泉玉GO
  19. joeyama
  20. にゃかの @nyacano
  21. ジルファ
  22. 村田
  23. ちえさま
  24. 秋山 @unjyoukairou

計25名

会の様子

f:id:sinden:20140518111752j:plain
 入り口の様子です。
 今月は看板を書き忘れていたら、ちゅうたろんさんが「書きましょうか?」と申し出てくださいました。なかなか味わい深いです。


f:id:sinden:20140518112630j:plain
 ゲーム置き場です。
 今月もテーブルが2つ、埋め尽くされる勢いでボードゲームを持ち込んでいただけました。もちろん全てのゲームを遊ぶことができるわけではないですが、種類があれば、多くの参加者の合意を取って遊ぶゲームを選ぶことができますし、これだけ持って来ていただけるのは、とても嬉しいことです。


f:id:sinden:20140518092054j:plain
 最後は、秋山持参の東京土産です。
 東京で開催するミスボドには名古屋土産を持って行き、名古屋で開催するミスボドには東京土産を持って行っています。

遊ばれたゲーム

f:id:sinden:20140518092109j:plain
犯人は踊る
 最初に遊ばれていたのは、多人数で遊ぶことができる、比較的ゆるい正体隠蔽系のカードゲーム。愛工大でボードゲームサークルを立ち上げようとされている大笑さん、ジンロウさん、ルイナさんたちが率先して立ててくださいました。


f:id:sinden:20140518100139j:plain
ヒロインズ×ロワイヤル
 サークル3D6による、ヒロインなりきり推理型ゲームです。GM1人にプレイや4人と制限が厳しいですが、その分、面白味も深い様子で、ねくろんさんお気に入りのゲームだそうです。


f:id:sinden:20140518100204j:plain
五本のきゅうり
 じょーやまさん持参の、トリックテイキング……になるのでしょうか。面白そうではあるのですが、未だ遊ぶ機会には恵まれていません。今年中に遊びたいゲームのひとつですね。


f:id:sinden:20140518101621j:plain
ジャイプル
 アリタさん持ち込みの2人用ゲームです。ACEさんがルールを読まれていて、覗きこんでみたところ2人用ゲームだったので、2人で遊ぼうと思いましたが、セットアップしたタイミングで、あずまさんが遅れていらっしゃったので、インストして、2人で遊んでいただくことに。横から見ている限り、かなり完成度が高く、2人用ゲームとしてはプレイ時間も含めて、優れているように感じました。アリタさんには、是非、次回以降もお持ちいただきたい1作です。


f:id:sinden:20140518102654j:plain
パンダだらけ
 なんとなく持ち込んで、なんとなく受け付けに置いておきました。何ということはない、ただのバランスゲームです。本当は、お箸を使ってパンダをタイヤの上に置いていくのですが、お箸を片方、失くしてしまいショックです……と思っていたら、鞄の中に入っていました! 次回はお箸を使って、ちゃんとプレイしたいですね。


f:id:sinden:20140518111308j:plain
カプチーノ
 カップを積み上げていくアブストラクトゲーム。見た目が可愛らしいのと、カップを重ねるという手を動かす感じが好きなのですが、物理的に重くて持ち運びしづらいのが難点なゲーム。『ジャイプル』を終えた、ACEさん、あずまさんと3人で遊びました。計3回、遊びましたが、何回、遊んでも面白いですね。


f:id:sinden:20140518111640j:plain
倉庫の街
 東京からお越しいただいたにゃかのさん持ち込みのゲーム。シュテファン・フェルドのゲームと言えば、最近は『ブルゴーニュ』が人気ですが、『倉庫の街』も良いですよね。一度、拡張入りでプレイしたいのですが、なかなか機会に恵まれません。


f:id:sinden:20140518111645j:plain
バイブルハンター
 ねくろんさん持ち込みの、最近、話題を呼んだゲームです。けっこう際どいテーマを扱っているように思いますが、わりと受け入れられている様子ですね。


f:id:sinden:20140518111700j:plain
シャドウハンターズ
 大笑さん自作のコンポーネントによる『シャドウハンターズ』です。愛工大ではヘビロテされているらしく、来月以降も、まだまだ遊ばれそうです。


f:id:sinden:20140518111705j:plain
帝国の闘争
 コアなボードゲームファンに人気を誇る、ヘビーゲームのデザインで知られるマーティン・ワレスによる一作。ワレスによる『ディプロマシー』とも言われていて、けっこうギリギリとした戦いを繰り広げられた様子です。


f:id:sinden:20140518112317j:plain
くるりんパニック(8人用)
 じょーやまさん持ち込みによる、8人で遊べるように改造した『くるりんパニック』です。こういうゲームが、ゲーム会にあると、とても良いですね。置いておくだけで「なんだこれは!」と、他のゲームを遊び終えた面子が集まってきて「試しに遊んでみよう」とすぐに始まるのが好印象です。


f:id:sinden:20140518112641j:plain
宝石の煌き
 ここ数ヶ月、どこのゲーム会でも非常に人気なゲーム……と思っていたら、ドイツ年間ゲーム大賞2014にノミネートされましたね。分かりやすいセットコレクションに、程よい重さのコンポーネントが人気を呼んでいる秘訣でしょうか。機会を見つけて遊びたいですね。


f:id:sinden:20140518130734j:plain
テレストレーション
 多人数ゲームの中では、鉄板でしょうか。お絵描きが得意なひとも、そうでないひとも等しく楽しめる、非常に上質なゲームです。さて……果たしては……これは、いったい……レース、でしょうか? それとも……競馬??


f:id:sinden:20140518131834j:plain
ワバンティ
 蜂の巣をモチーフとした、革ボードとナットのゲームです。分類としてはダイスゲームですが、それなりにアブストラクト感があります。2人プレイが最適、3人でも遊べる、4人もしくは6人だとゲームになりにくいと聞いていましたが、確かに3人プレイだと時間が掛かりました。途中からラミィキューブタイマーを使って1分縛りを入れましたが、そうでなければ永遠に綱引きが続きそうでした。


f:id:sinden:20140518134406j:plain
村の人生
 中重量級ゲームとして、それなりの地位を獲得したように思える近作です。遊ぶ機会を逃したまま今日に至ってしまっていますが、いつかはプレイしなければならないと思っているタイトルのひとつです。


f:id:sinden:20140518144406j:plain
ルーム25
 正体隠蔽系のゲームです。5人でプレイしましたが、やはり6人が最適かもしれませんね。プリズナー側がひとり脱落したところで、ガードが2人残っていると、かなり苦戦を強いられます。今回は、タイル運に恵まれなかったこともあり、あっさりガード勝利で終わりました。


f:id:sinden:20140518144425j:plain
ギフトトラップ
 これも、またパーティゲームとしては、鉄板です。『くるりんパニック』からの『テレストレーション』からの『ギフトトラップ』、完璧ではないでしょうか。盛り上げ役に徹してくださったまるさんに感謝です。


f:id:sinden:20140518144434j:plain
王宮のささやき
 可愛らしい見た目に反し、意外に腹黒さが求められるゲームです。何度かプレイして負けることを知ってからが、勝負の始まりかもしれません。


f:id:sinden:20140518144446j:plain
塩の海の上で
 またの名をソルティオーシャン。これもプレイの機会を逸し続けたまま、今日に至ってしまっているゲームですが、タイトルにもある通り、実に辛いゲームだそうです。遊んでみたいですね。


f:id:sinden:20140518151203j:plain
ブラックストーリーズ
 ブラックジョークを多分に含んだ、コミュニケーション系のゲーム。人によっては、モヤっと感を受けますが、見事、正解に至ったときの衝撃は、なかなかに凄まじいです。今回も、自ら質問することなく、黙して見守っていたじょーやまさんが、唐突に閃いたのか、ぴたりと正解を言い当てて、秋山は鳥肌が立っていました。


f:id:sinden:20140518151340j:plain
カルカソンヌ
 持ち込んでいた『カルカソンヌ』を遊んでいただきました。王道ゲームの中では、特に気に入っているゲームで、ミスボド名古屋では、可能な限り毎回、立てたいなあと密かに思っているので、遊んでいただけて非常に嬉しいです。


f:id:sinden:20140518155122j:plain
バザリ カードゲーム
 ゲームストア・バネストで購入した『バサリ』をリメイクした小箱ゲームです。『バサリ』の面白さが凝縮されて、小箱に詰まっているので持ち運びのしやすさも含めて、気に入っているゲームです。これも、もっと広めていきたいですね、現在は入手できないというのが残念なところですね。


f:id:sinden:20140518155407j:plain
ハゲタカのえじき
 定番カードゲームのひとつ。多人数で遊ぶことができて、誰でもすぐに勘所を掴むことができるという観点において、とても優れていると思います。


f:id:sinden:20140518155419j:plain
クレイジータイム
 最近、にゃかのさんが広めようと画策しているゲーム……だったと思います。タイトル通り時間をテーマとしているらしく、心惹かれますね。


f:id:sinden:20140518155424j:plain
ゲシェンク
 これも、定番カードゲームのひとつ。最初は、あれよあれよと失点カードを集めてしまうのですが、慣れてくると敢えて回し始めたりして、腹黒さが透けて見える、とても良いゲームです。


f:id:sinden:20140518175235j:plain
ミスターダイヤモンド
 最後は二次会の居酒屋で遊びました。ミスボドは、二次会でもボードゲームが遊ばれるのが特徴ですね。じょーやまさん持ち込みのパーティゲームで、特にお酒が入っていると、記憶力が減衰するので、余計に面白いです。譲っていただいたので、次回以降のミスボドには、必ず持ち込もうと思います。


 この他に撮影できなかったゲームとして『ドクターフルーベック』『九百億の魔物の書』がありました。他に抜けているのがあれば教えてください。
 以上、プレイされたゲームは計28作でした。
 また二次会の参加者は8名でした。

おわりに

 参加者の皆さま、誠にありがとうございました。
 次回は6月29日(日)に、昭和生涯学習センターです。
 よろしくお願い致します。

Twitterで見かけた感想

















(c) mysboard all right reserved. since 2012/4/14